• ホーム
  • 日本家族計画協会が定める低用量ピルと作用について

日本家族計画協会が定める低用量ピルと作用について

色々なカプセルと葉

避妊とはセックスを行ったさいに妊娠に至らないようにすることです。
避妊手段として手軽なものとしてはコンドームが知られていますが、避妊成功率は高いとはいえません。
ただ身体への負担がないという点やドラッグストアなどで安価に手に入れることができることから一般的な避妊方法として知られています。
また女性用に子宮内避妊用具もありますが、子宮内に入れる必要があり産婦人科でしか手に入れることができません。
一方で女性の基礎体温を測ることで排卵日を特定して妊娠を避けるという方法もあります。
これらの方法は物理的に妊娠を避ける方法であり、日本家族計画協会でも進められています。
一方で生物的に妊娠を避ける方法として低用量ピルや緊急避妊法があります。
低用量ピルの作用としては薬の働きによって黄体ホルモンと卵胞ホルモンを分泌させることで、排卵後の状態にするというものです。
この状態では排卵が起らないのでセックスをしても妊娠しない状態といえます。
また排卵がされても着床そのものを阻害する効果もあり高い確率で失敗しない避妊法として知られます。
ただし、デメリットとしては月経に合わせて毎日服用する必要があることで飲み忘れで効果が得られなくなるリスクがあります。
またホルモンバランスを意図的に変えることを目的としているため、使い始めの頃は吐き気や頭痛などの副作用が起こる可能性がありますし、血栓症のリスクも高まると言われています。
ただ月経をコントロールすることで月経時の吐き気や頭痛などを改善するメリットもあります。
一方で緊急避妊法は低用量ピルと同様に女性ホルモンに作用する仕組みのものがあり、排卵の抑制や卵子の着床を阻害することで妊娠を防ぐことができますが、低用量ピルに比べて効果が早くでるようになっており、それだけ頭痛や吐き気といった副作用が出るリスクが高いものといえます。

関連記事