• ホーム
  • 低用量ピルのシートは面倒?さらにリスクとは?

低用量ピルのシートは面倒?さらにリスクとは?

近年PMSで悩む女性の間で定着しているのが、低用量ピルです。
サプリメントのように気軽に飲むことができて、生理前のさまざまな不調であるPMSや生理不順を改善できるとあって、低用量ピルを目的として産婦人科や婦人クリニックに駆け込む人が増えてきているようです。
毎月生理が近づくたびにイライラしたり、肌が荒れたり、‘PMSで悩む女性にとっては深刻な問題です。
低用量ピルによってそんな症状が改善される人が多い一方で、いくつかのデメリットも挙げられています。
例えば、低用量ピルを飲むと太るというのも、その一つですよね。
女性ホルモンが成分にあるので、どうしても脂肪や水分を体にためやすくなってしまいます。
でも食生活や運動を加えることでこの点は改善することもできます。
また、シートで錠剤を管理するので、飲み忘れがあった場合に混乱してしまったりといった人も少なくないようです。
必ず毎日1錠ずつ飲むという点を面倒に感じてしまい、続かなかったということもあるのです。
低用量ピルを提供しているクリニックでもいくつかのリスクを患者さんに伝えるようにしています。
もちろんホームページ等でも、そういった情報を知ることができます。
まず、ピルに体が慣れるまでは、体のむくみや吐き気が出る場合があるということ。
さらには血栓症や胆石症の発症のリスクが高まるとも言われています。
もちろんピルだけが原因ということではありませんが、低用量ピルを服用していない女性に比べると高い確率で発症しているようです。
低用量ピルのメリットはたくさんあります。
しかし、どんな薬にも副作用やデメリットがあるということも理解しておく必要があります。
自分に合うかどうかを見極めて活用してみてください。

関連記事