• ホーム
  • 低用量ピルでホルモンバランスを調整する仕組み

低用量ピルでホルモンバランスを調整する仕組み

笑顔の女性

低用量ピルは望まない妊娠を回避するために使用されるのが一般的でした。
しかし最近では、PMSと呼ばれる、生理前の心身の不調を改善するためや、生理周期を整えるために使用されることも多くなってきています。
こうしたことに低用量ピルが使用されるのは、これが女性ホルモンのバランスに影響を及ぼすためです。
女性ホルモンは、主にはエストロゲンとプロゲステロンのふたつの分類することができます。
エストロゲンは排卵を促すホルモンで、一方のプロゲステロンは、女性の体を妊娠に導くためのホルモンです。
通常であれば、このふたつのホルモンはエストロゲンが優位に立っています。
しかし生理前になるとプロゲステロンの分泌が優位になり、これがPMSが引き起こされる原因のひとつだと言われています。
低用量ピルには、このふたつのホルモンが文字通り、低用量ながら含まれています。
ただしどちらのホルモンが、どの程度含まれているかは、低用量ピルの製品ごとによって異なります。
生理は妊娠のために必要な現象ですが、これが引き起こされる背景には、脳の中枢から分泌される性腺刺激ホルモンが卵巣を刺激して、女性ホルモンの分泌を活発にすることが存在しています。
それによって生理が引き起こされれば、当然、受精、妊娠が可能になると言うわけです。
しかし低用量ピルを規定通りに服用していると、体の中では女性ホルモンが十分にあると言う認識がされるため、性腺刺激ホルモンが卵巣を刺激する必要がなくなってしまいます。
すると排卵、生理も発生しなくなり、結果として受精、妊娠も行われないと言うのがメカニズムです。
同様に、低用量ピルに含まれているふたつの女性ホルモンのバランスによっては、自分に不足している方の女性ホルモンを補うことも可能です。
その結果、ホルモンバランスを整えることができるために、PMSの改善や生理周期の改善にも使用されていると言うわけです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧